スズメバチ駆除はプロにおまかせ!~近づくのも危険なスズメバチ~

男性スタッフ

巣に近寄るのも危険

虫

日本に生息するハチの中で、最も攻撃性の高いハチであるといわれているのがキイロスズメバチです。日本でよく見ることのできるスズメバチは、大抵キイロスズメバチです。キイロスズメバチ自体はスズメバチの中では一番小さな種類で、8月頃に最も活発に活動します。そのため、この時期は特にキイロスズメバチの攻撃性が強くなり、巣に近づいただけでも敵とみなし刺してくることがあります。キイロスズメバチの巣は特徴的なボール状の巣で、働き蜂の数が多いためにかなりの大きさになることが多いです。もしも、キイロスズメバチの巣を発見しても、防護することなくむやみに近づくのは大変危険です。キイロスズメバチの巣を見つけたら、その付近に近寄らないようにして早めの駆除を依頼しましょう。キイロスズメバチは攻撃性が強い種類ですので、自力で駆除しようとするよりも専門の業者に依頼する方がおすすめです。特に8月から10月頃にかけてのキイロスズメバチの活動時期には近寄らない方がよいので、早めに業者に連絡するとよいです。キイロスズメバチは巣まで駆除したあとでも、そのあとに巣の外にいたハチが戻ってくることがあるのです。業者によっては、それらのあとから戻ってきたキイロスズメバチも駆除してくれるアフターサービス付きのところもあります。このように、業者はハチの習性についても熟知していますので、確実にハチの駆除を完了してくれます。家族やご近所の方が刺されて被害が出る前に、退治してしまいましょう。